2013年08月26日

今年58試合目・満員の三ツ沢(横浜vsG大阪)

1377509186625.jpg
先日の三ツ沢にて、入場前の待機列でお話しした、顔見知りのサポ仲間が

「バスの中の8割が、関西弁か青黒かアンブロだった(笑)」


と話していて。

そんな、昨日はガンバ戦。


ウチはこのところ万全とは言えず、前の週に久々に勝った。

でも、ミッドウィークの前節アウェイ長崎で負けて、しかも、最終ラインに怪我人続出。

「CBは野上くんと誰がやるんだろ?。武岡はきっとSBかなあ」

なんて、最終ラインのやりくりを心配しながら迎えたガンバ戦。

もうちょい万全な状態で当たりたかったなあ、

三点は取られそうだから、勝つとしたら4点数取らないと駄目かなあ、

なんて、あれやこれや考えて。

そんな三ツ沢は冒頭のように、多数のガンバサポと、代表組目当てか、多くの観客。

開始してみると、動きの悪くないウチ。

早々に野崎が先制!。

しかし、ガンバはやはり強い。

圧倒的にポゼッションされてたけど、ウチもくらいつく。

前半に失点して、後半にも点を許してしまったのたが、両方とも凄く崩されて、って感じたからか、なんか惜しいなあ、と。

もちろん相手のが強いんだけど、我々も個人的には、しっかりとやれている感があって、何となく「点入るんじゃないかなー」と。根拠はないのだが。

そんな、終盤に田原がやってくれた。

結局2ー2。

勝てるなかったのは残念だけど、良く頑張ったんじゃないかなあ、と。

心配だったCBは野上も森本も良かったぞ。

個人的には。

相手が圧倒的でも、
勝てなくても、


気持ちが入ったゲームを見れたのならば、納得して丘を下りれるのだ。
posted by シーマがらはう at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: