2016年10月11日

今年96試合目・読売vs横浜(嶺井ー!!!)

1476542365261.jpg
Hola!。


前日に引き続き東京ドームへ。

昨日より30分送らせて出発したら、色々なところがずいぶん混んでる。

CS1stステージは1勝1敗で今日勝った方がファイナルステージへ。


勝てるかなあ、とスタジアムへ。


試合は相手内海がヘボくて。

いきなり梶谷にデットボール、
その直後ロペスがやってくれました。
2ラン。

しかしその裏に阿部に2ランを浴びる。


その後梶谷の代役関根の犠飛で勝ち越すもそのまま推移の締まった試合。

村田にソロを浴び3−3。

ベイは砂田が好投。

力が拮抗した同士の良いゲーム。

延長へ。


巨人も送りバントを失敗したり決め手にかける。

ベイの見せ場は延長10回の巨人の攻撃。


村田が内野安打で出て代走鈴木。
ここでタナケンがやってくれました。


牽制球で鈴木を指す。

タナケンの投げた牽制球の白いボールが真っ直ぐファーストに伸びていって、鈴木が『やべっ!』って感じで逆を突かれてタッチアウト。

そのシーンがしっかりと目に焼き付いてます。


その次の回の攻撃。

ピッチャー沢村。

沢村を拍手で迎える我が応援団(笑)。

倉本がピッチャー強襲の内野安打で出塁。

その打球で沢村が怪我をし降板。

次打者エリアンが送りバントを決める。

そして、嶺井。

初球を強振。

前進首尾のレフトを越えていった。


うぉーーっ!!

もう、頭がクラクラして記憶がイマイチです。


4ー3で勝ち越し。

その後の巨人の( ・∀・)r鹵~<≪巛;゜Д゜)ノを山崎が凌ぐ!。


勝ったー、

勝ったよー。


痺れる試合だった。

こんな、しびれたのはいつ以来だ?

と思い返した。

2006年11月のフリエの鳥栖アウェイぶりだ。

すげえ試合だった。

感動したよ。


帰りのコンコースや球場外はベイスターズファンで凄い盛り上がりだったよ。
posted by シーマがらはう at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: