2015年04月26日

今年14試合目・ニューヨークvsマイアミ(今日はデーゲーム)

KIMG4420.JPG
Hola!。

四日連続観戦の四日目もメッツを見に。

連日のシティフィールド。


でも、昨日はナイトゲーム、今日はデーゲーム。


天気は良いのだけれど風が冷たい。

しかし、今日も今日も、お客さんは一杯。

凄い雰囲気だなあ。


この日も展開的には前日と一緒。

メッツがリードするも、中継ぎがピリッとせず、ジワジワと追い上げられて、と言う。


9回で5ー4。

最終回もヒヤヒヤものて辛くも逃げ切った、そんな感じ。


楽しみにしてたイチローはチャンスで回ってきたけど、セカンドフライ。


イチローの後の打者は打ったから、イチローがヒットで後続に繋げてれば結果は違ったかもね。

タラレバだけど。

でも、前日に続いて、相変わらず凄い雰囲気だった。

何が日本のプロデ野球と違うんだろう?。

とにかくまだまだ差がある、と感じたよ。

他の球場も見てみたい。


シアトル、ロスそして、ヤンキースタジアムとシティフィールド。

メジャーのスタジアムは4つか。

次に行けるのは何処だろう?。

希望はピッツバーグかボストンかサンフランシスコかなあ。
posted by シーマがらはう at 22:56| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

今年13試合目・ニューヨークvsマイアミ(綺麗な花火)

KIMG4304.JPG
Hola!。


NY観戦3試合目はようやく野球。

アメリカではほんとはNBAが一番見たかったのだけれど、ちょうどレギュラーシーズンは終わったばっか。MLBは開幕したばっか。

ヤンキースはアウェイ遠征中なんだけど、メッツはマーリンズと目下4連戦中。

滞在スケジュール的には4連戦とも観戦出来たのだけれど(笑)、そこまででも無いしね。

あ、でも、荒波か梶谷か筒香がメジャーに居てこの4連戦に出るなら、4つとも行ってたかも?(笑)。

地下鉄に乗って、シティフィールドへ。

ここも、立派なスタジアムだなあ。

でも、前々日にヤンキースタジアムに入場してたから、多少は感動が薄まってたかな?(笑)。

実はMLBを生観戦するのは12年前にシアトルにイチローを見に行って以来。

今回、メッツの相手がマイアミだからまたイチローが見れる!。


試合は、始まって最初の打者でいきなりチャレンジ(監督が申請してのビデオ判定のやつ)。

実はこの日、これ以外に三度のチャレンジ(笑)。

ちょっとしらけるね。

メッツは先発が期待の若手、デグロムでナイスピッチング。

そうそうにメッツは加点して、5ー1とリードするも、デグロムの後の後続投手がイマイチ。

追い上げれて最終回まてヒヤヒヤ、

5ー4で逃げ切り。


マイアミ・イチローは代打で出てきて三振でした、残念。


因みに一番印象に残ったのは、メッツではなく、マイアミ・マーリンズの一番バッター、ゴードン。

僕はこう言う一番打者タイプが好き、ってのもあるんだけど。


初回のチャレンジに絡んだのも彼の俊足。

この日は5for5こと5打数5安打。

後続がなかなか続かなくて加点できなかったけど。

しかし、メジャーのスタジアムの雰囲気はやっぱりすごい。

観客全員がゲームに集中してる感じがする。

イニング間の合間も、日本のスタジアムでも同じような事やってるんだけど何か違うんだよな。

密度が濃い、と言うかね。

あと、凄かったのが試合後にライトを落として、イルミネーション的なものと花火!。


スゲー綺麗だった。


毎試合後にやるのか?と思ったらどうも違うみたい。

この日と、もう一日しか無いとか。


そんな日に当たってツイてるな。


良いものが見れた。
posted by シーマがらはう at 22:24| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

今年12試合目・ニューヨークvSサンノセ

KIMG4208.JPG
Hola!

先日に引き続き先週のニューヨークでの観戦。

二日目。

この日は、ニューヨーク・レッドブルズvsサンノセ・アースクエイクスが組まれていた。

野球だと、メッツvsマーリンズ。

野球は、翌日、翌々日も見れるから、とこれを選択。

実はこの翌日にニューヨークコスモスvs FCタンパベイ・ラウディーズと言うカードもあって、レッドブルとどちらにするか直前まで迷っていた。

コスモスにはラウルが居るのでみたいのだが、コスモスの会場は個人的に帰りの足の確保に一抹の不安があってですね。

結局、レッドブルズと比較してレッドブルズの方が、アクセスが楽だったのでこちらにした。

会場は駅近なのだが、地下鉄ではなく『パストレイン』と言う郊外電車の駅で。

タイムズスクエア近くのパストレインのターミナルへ行くとですね…、


相鉄横浜駅の佇まい(笑)。


なんだか、親近感が。


スタジアムの最寄り駅、ハリソン駅までは電車で30分くらいかな?。

フィーリング的には相鉄横浜駅から、弥生台まで行く感じか?(笑)。

列車内からもスタジアムは目視出来たので、下車後、間違いようもなく到着。


レッドブルアリーナ。


外観もカッコよく、チームショップを覗いた後、入場。

入ると、これがまた良いスタジアム。

強いて言うと、フクアリが似てるかなあ?

大きさ的にはフクアリよりは大きくて、カシマよりは小さい。

でも、ゴール裏席もスタンドに近いし、二層目が前にせり出してる感じ。

メインスタンドの二層目は、ロイヤルボックスみたいな席で凄く雰囲気が良かった。

サポーターも熱狂的な感じ。

レッドブルズ側のゴール裏は満杯。

ところどころで、旧名『メトロスターズ』のビッグフラッグや発煙筒を炊いたり、凄く雰囲気が、あって。


前日のNYCFCのファンも思ったよりヨーロピアンスタイルだったけど、こちらはもっとそれが強い感じ。

フリエと同じチャントも聞こえて来て、体温が上がった(笑)。

試合は終始レッドブルズが優勢で前半で2ー0。

後半も追加点を決めて3ー0。


最後まで見たかったのだけれど、ハリソン駅の改札が3個しか無く、帰りの混雑が心配だったので、75分位の時にスタジアムを後にした。

ああ、凄く良いスタジアムだったなあ。

また来たい。
posted by シーマがらはう at 21:48| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

今年11試合目・ニューヨークvsフィラデルフィア

1429776992088.jpg
Hola!

先週の事なのですが、ニューヨークに行ってきまして。

海外旅行自体は好きなので何回か行ってるのですが、常に観戦を企ててる訳で(笑)。


ハワイのフリエの時のように『このゲームが見たい!』と狙い打ちすれば別なのですが、なかなか自分がほんとに見たいものと被らない事もあって。

今回は、渡航期間に何がやってるかなー?と調べたら、野球やサッカー等が何試合か。

野球はヤンキースがアウェイに行ってるので、メッツの試合はある、

サッカーは、ニューヨークシティFC とニューヨーク・レッドブルズ、それから、ニューヨークコスモスのゲームがあることが判明。

あーでもない、こーでもない、とあれこれ画策して観戦を予定を立てた。


初日はニューヨークシティFC(NYCFC)を見に行くことに。

カードは、NYCFC vsフィラデルフィアユニオン。

NYCFC自体は、好きとかはとくに無いのだが、会場がヤンキースタジアムと言うのに凄く惹かれた。


以前も書いたことがあるけれど、僕はこう言う変わり種に凄く興味があるのだ。

もっとも野球観戦も好きなので、ヤンキースも観戦してみたいのだが(ヤンキースはアウェイへ遠征中)。

地下鉄の駅を降りると、直ぐに目に飛び込んできた。

なんとも言えなく気分が高揚してくる。

立て替えた、とは言え伝統のスタジアム。

外観も凄く荘厳。
なにもかも、日本の野球場と違う。

グランドセントラル駅から地下鉄にのったのだが、既にユニを着こんだ人もたくさん居て。

『ああ、万国共通だなあ』と。


チケットが買えるか心配だったけれど、無事購入。

25ドル。

入るといきなり、大きなグッズショップ。メジャーのスタジアムってこう言う感じだよな。


席は二層目だけど見やすかった。

と言うか、野球だとバックネット裏。

野球だと、結構高い席かも?(笑)。


試合は始まって、ニューヨークが全然押してる。

選手はダビト・ビジャしか知らないけど(笑)。

決定的なのも二回ほど有ったけど、前半はスコアレスドローで折り返し。

後半はニューヨークが先制。

しかし、追加点が奪えない。

そのうち、フィラデルフィアが同点に追い付く!。

ありがちな展開。

その後もニューヨークは攻めるけど、結局1ー1。


試合後は軽いブーイングもあった。


試合はともかく、行くまでは『アメリカのサッカーの試合ってのはどんなもんなんだろう?』ってのがあった。

僕はバスケや野球も見るの好きなので、テレビでもメジャーやNBAをたまに見るのだけれど、会場は盛り上がってても、サッカーのそれとは少し違うので。


でも、この日見た感想は、普段見るサッカーのゲームそのものだった。


観客の応援とか、ノリとかもJリーグとなにも替わらない。

マイクラブに声を枯らす、サポーター達の熱い声援もあり。


でも、会場は伝統のヤンキースタジアム。

凄く良いものを見れました。
posted by シーマがらはう at 18:18| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

今年86試合目・サントアンドレウ(サントアンドレウvsロスピタレート)

KIMG0797.JPG



前日は怒濤のバルサ3試合観戦。

*1試合目
*2試合目
*3試合目



バルサ3連続観戦の翌日は3部リーグを見に行った。
都合2日間で4試合(笑)。

我ながらバカだなあ。

カードは、サントアンドレウ対ロスピタレート。


散々、異国で試合観戦、ってのを企ててるんだけど、その際に僕が重要視するのがスタジアムまでのアクセス。

時間が限られてるから、直前で迷って、とか終了後の足が確保しずらい、とかは避けたい。


ポイントは電車の駅から歩いて行けるか?否か?

そんなアンテナに引っ掛かったのが、このサントアンドレウのスタジアムでした。

バルセロナ中心部から近いし、メトロの駅降りて直ぐ。

初めて降りた駅だけど何も迷わず迷わず。

だって目の前なんだもん(笑)。

KIMG0793.JPG

住宅街の中にある、ボロいスタジアム。



メインスタンドは補修中かこんな感じでした。

IMG_0184.jpg

ピッチは人工芝、

試合の雰囲気はJFLみたいな感じだったなあ。

IMG_0189.jpg

ホームゴール裏。

IMG_0182.jpg

後日談があって、このサンアンドレウ、12月一週目にあったスペイン国王杯、相手がアトレティコ・マドリードだって!

あのスタジアムにアトレティコ・マドリードが来たんだなあ。

KIMG1093.JPG

相手がアトレティコだと、あの日はガラガラだったスタンドもこんなに入るんだね(笑)
posted by シーマがらはう at 00:01| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

今年84試合目・念願のカンプノウでの観戦(バルセロナvSグラナダ)

IMG_0088.jpg



先日の話。


11月下旬に半分勢いで(笑)バルセロナまで行ってきた。

今年4月に半日だけバルセロナに滞在して、予想通りに良い所で、好きなタイプの街で「また来たいなあ。次はいつ来れるんだろう」なんて思っていたのだが、なんの事はない半年後に来てしまった。

勢いとは恐ろしい。

4月は試合がないタイミングでカンプノウに来た。

今回は週末にグラナダ戦がある。
今度こそは観戦だ、
と言う訳でカンプノウへ。

思えば4月が下見代わりだったな、当時はそんな事全く考えなったが。

そんな訳で何も困らず、何も迷わずカンプノウまで来た。

一回経験している、というのはホントに大きいなあ。

強いて言うと試合開催時の混み具合が判らなかったくらい。

それに関しては、サッカー観戦前にハンドボールを見る予定にしたから、さほどでもないだろう、と。

最もキックオフが16時に対して、12時にはカンプノウ界隈に着いて、その時点で結構な人だったのだが。


スタジアムには開門して暫くしてから入った。

目の前にはテレビで何回も見た景色が広がっていた。

KIMG0683.JPG


遂に来たんだ…。


感傷に浸っていると時間は経ち、開始30分前でも、入り具合が其ほどでもなく「結構ガラガラだなあ」と思ったのだが、開始直前迄には続々と入ってきて、キックオフ。


バルセロナは来日した時(トヨタ杯と親善試合)横浜で都合3回見た事あったのだが、この日は流石は通常のリーグ戦、全然違った気がした。

物凄く上手い!、
そして凄く簡単にやってる(ように見える)。
多分ポジショニングが絶妙なんだろうな。

グラナダはいいように振り回されてる感じだった。

たまらずファウルを繰り返す。

前半で二回、ペナルティエリア内でファウルがあってPK。

散々蹂躙されて堪らずペナ内でファウル、

そんな感じだ。なんて残酷な。

今のバルサのメンバーだと、アレクシス・サンチェスが好きなんだけど、アレクシスは勿論良かったんだけど、皆うまい。月並みな感想ですが。

イニエスタがクリス・ポールのように見えた。

上手かったなあ。

身体が大きいのが(または大きく見えるのが)ピケとセスクだけでなんだけど、なんて言うんだろ?サイズに頼る事なく軽々とボールを繋いで…、みたいな。

別のとこに書いたけど、バスケで言うならクリスポールが5人居る感じだった。
これは超個人的な感想。


で、試合は4ー0で勝ち。

ゲーム自体楽しめた、ってのは勿論なんだけど、一喜一憂するタイミング、ってのが皆一緒。

僕は思わず、日本語で叫んじゃったんだけど、みな言葉は違えど同じだった(笑)。

フットボールは万国共通なんだなあ。

凄く濃密な時間を過ごせた。幸せ。

この夕焼け、決して忘れないだろうな。KIMG0713.JPG

posted by シーマがらはう at 21:14| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年85試合目・お隣のミニ・エスタディ(バルセロナBvsラス・パルマス)

KIMG0725.JPG
 

(投稿の順番が前後してしまってます)





カンプノウの余韻に浸って、後ろ髪を引かれる思いでスタンドを後にする。  

引き続き、サッカー観戦。

我ながら観戦ジャンキーだなあ(笑)。


この日のスケジュールはカンプノウの後、隣の隣のスタジアム、ミニエスタディでバルセロナBとラス・パルマスの試合が組まれていた。

バルサBは、今期はリーガエスパニョーラのセグンダディビジョン。
Jリーグで例えるならば、J2。


チケット窓口は昼間にハンドボールのチケット買ったところ。

くあんとくえすた?

驚きの5ユーロ!


うーむ。安過ぎだろ!(笑)。


スタジアムに入ると、小ぶりなスタジアム。

あっ、カンプノウと比べて、って事ね。

ちょうど三ツ沢くらいの大きさ。
観客はガラガラ。

子供達が多かったかな。

ちなみに一番体温が上がったのは、空いてのラス・パルマスのユニがヒュンメル!(笑)

ラス・パルマスはカナリア諸島のチーム。日本で敢えて例えると沖縄みたいな遠地のチーム。カナリア諸島には「テネエリフェ」ってクラブもあって、バルサBの声出し隊は「テーネリフェー!」ってコールしてた(笑)。こういう、おちょくり方は万国共通のようで。

ラス・パルマスは過去に福田健二や、僕の割りと好きなルベン・カストロがいたクラブ。

でも、バルサBのが上手い感じがした。

バルサBが先制。

寒くなってきたのと、この日食事したい店を決めてあったので、後半途中で退席しました。バルサBが勝つんだろうなあ、と。

翌日ネットみたら、ラスパルマスが逆転勝ちしてた(汗)。
posted by シーマがらはう at 21:12| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

今年25試合目・モンペリエvsリヨン(4月19日)

DSC_4329.JPG
先日仕事の一環でパリに行く用事があり、その際のOFFの時にバルセロナまで足を伸ばした訳ですが、帰りのタイミングでモンペリエ対リヨンが組まれている事が判明しまして。

モンペリエは丁度パリとバルセロナから見ると中間あたり。

こりゃあ良いや、って事で寄り道する事にした。

中央駅からトラムに乗って終点まで、だいたい2、30分位だっかな?。

流石にモンペリエのマフラー巻いた人がたくさん居たので、降りてからはついていった。

チケットは当日券が無かったらその時は仕方ないや、と開き直っていた訳で。

と言うのも、ネットで見ていたら、年間パスホルダーの数の割りにはハコでが大きい、との事らしく『それならば席を選ばなきゃありそうだ』とも思ったのだが、モンペリエは昨期のリーグアン覇者。

優勝した次シーズンだからお客さん増えてるかも、だしなあ。

と、いろいろ考えた行ったのだか、普通にチケットありました。

良かった。

20ユーロ。



スタジアムは3層でバカでかいメインスタンド以外は2層で割りとこじんまり。

良いスタジアムだ。

ここで今期のCLも開催された訳なんだなあ。


日本で言うと、どこが似てるかなあ。


一階は前から10列だけ日立台でその上にユアスタのスタンドを乗せる!

そんな感じかなあ。

ともかく良い箱。

しかし、寒い事、寒い事。

実はバルセロナが暖かそうだったので、あまりアウターを持っていかなかったのです。

とりあえず寒さに耐えられるとこまで居よう、と。

リヨンのカウンターの精度が高い感じ。

でも、モンペリエもボールを保持しつつ、なかなかよい攻めを。

先制は左からのクロスをヘディングでリヨン。

でも、モンペリエも左サイドから個人技で取り返す!。


ありきたりの感想かもしれないけど、モンペリエがゴールした時のスタジアム中の熱量が凄かったなあ。

ゴール裏も盛り上る。彼らも今期はゲルゼンキルヘンやロンドンまで遠征したんだろうなあ。

結局、後半10分位に寒さに耐えれず、スタジアムを後にしました。

その時は1ー1たったのたが、後で確認したら、アディショナルタイムにモンペリエが失点して、1ー2とか!。


うーん、モンペリエに勝ってほしかったなあ。


因みに目をつぶってチャントを聞いてるど、浦和対FC東京みたいだったのは、ここだけの話(笑)。
posted by シーマがらはう at 07:25| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

メドウ(一昨日に続き)

101030_1754~01.jpg
今節はアウェイ岐阜戦。

未定になっていた開催会場が長良川球技メドウとリリースされてから、凄く楽しみにしてた岐阜遠征。

(メドウのことは先日のエントリ参照)

メドウに着いてゲートくぐると、ピッチのすぐ脇が通路。

こんなとこ歩けるなんて(笑)。

アウェイエリアがバクスタの角あたり。

普段応援では居座らない辺りなので、景色が新鮮。

選手達が挨拶に来て、
「こんなに近いのか」

と。

でも、バクスタからピッチのサイドのラインまでは三ツ沢のが近い。

もし、三ツ沢もホーム側コーナー辺りで応援してて、選手が挨拶に来たら「近っ」って感じるんでしょう。

まあ、三ツ沢でも以前はコーナー辺りで観戦してたんだけど。

メドウはこじんまりしたいいスタジアム。

思った通り見やすかったのですが、なんだか牧歌的な雰囲気で、その雰囲気にやられそうな感じでした。(個人的な見解です)


試合自体は先週の千葉戦に比べてちょっとイマイチだったかもしれません。

審判はもっとイマイチでしたが。

だけれど、選手達は体張って頑張ってました。前半は野崎やナベがよく目の前にきましたが、頑張ってた。ナベに至っては看板に激突しながら頑張ってたし。


そんな感じで頑張るも、このままスコアレスドローか、

と思った終了間際。

誰かがゴール決めた!


またしても僕らは狂気乱舞!。

犯人は久木野でした!(笑)。

メドウに響くビューティフルネーム。

最近の選手達の頑張りにはホント頭が下がる。

今回も忘れられない試合になった(恐らくメドウで見る最後だろう)。

気持ち良くメドウを後にした。


ライトアップされた岐阜城が幻想的でした。そんな中、一つ失敗が(続く)
posted by シーマがらはう at 13:36| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

メドウ(昨日に続き)

101030_1453~01.jpg
到着。


保土ヶ谷みたい。
posted by シーマがらはう at 14:56| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

メドウ

20081109-001.jpg
明日はアウェイ岐阜戦。


僕はスタオタでしかも球技場好き。

一昨年岐阜がJ2に上がってきて、初めて長良川競技場に行った時、試合後に長良川球技メドウを覗きに行った。


同行のお仲間さんを待たせてたので、走って行ったら、息が上がって手が震えちゃって写真がブレてるのがアレですが(笑)。

球技メドウはいいスタジアムなんだけど、J規格ではないから、


ウチが使える事はないだろうなあ、


って思ってたけど、競技場が改装中の今年、球技メドウでゲームが組まれて。


まさか、ここでやれるとは。


ゲームとスタジアムは非常に楽しみなんですが、心配なのは天気。


ちょっとでも良い事を祈りつつ。
posted by シーマがらはう at 22:50| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ナン喰って、ゴールは難ちゃん!

091021_1859~01.jpg
いやー、最高でした!。

今年最後の水曜ナイターはアウェイ甲府。

さすがに10月も下旬になると日が落ちると肌寒い。
そんな甲府アウェイ。

仲の良いお仲間さんと行って来た。

スタジアムに着いて入場しようと歩いているとちょうど選手バスが到着した所だった。

降りてくる選手に声かけていると、須藤やりゅうじの姿が!。

遂にりゅうじがメンバー入りか。それにしてもメンバーがガラっと変わってる。

累積有給(?)や怪我人やらで大変なんだな。

入場して(8月に来てないから)初めて小瀬のオーロラビジョンを見る。

暫くして試合開始。

ユアスタ仙台もそうだったんだけどさ、
あちら側はゴル裏もメインもバックも入りがすこぶる良い。
平日なのに。

スタジアム中で一番スカスカなところはアウェイゴル裏でした(汗)。

ウチのサポは100人居るか居ないかだろう。

相手は3位甲府だし、ウチはメンバーも手薄な感じだし、開始前は正直苦戦を覚悟した。

観客も10400対100。

でもウチの選手達臆する事なく張り合ってた。

しかし甲府もシンプルに長いボールをFWに入れて、ヒャっとする場面が何度もあった。

ウチは凄く粘り強く戦ってた。

みんな、とにかく頑張れ!

と願ってた後半80分過ぎ、コーナーのこぼれ球を難ちゃんが押し込んだ。


ウオオオー!

どれぐらい叫んだか覚えてません。

その後は総力を結集した必死のディフェンス。

そして盆地の夜空に響く長いホイッスル!

いやー、


勝った!。

みんなよく頑張った。

完全アウェイに臆する事もなく。

試合前にナンを食った。

ルーやソースが無くてナンだけ喰ってて正直

「ちょっと、飽きるな」

って思ってたんだけど、試合を決めたのは難チャン。

ナン食ったのが良かったのかな(笑)。


今回の試合は忘れられない試合になるな、きっと。

次の甲府アウェイはいつかわからないけど、またナンを喰ってから行こう。
posted by シーマがらはう at 13:31| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

中止→再試合

先日のグリスタでの試合のアフターゲームショーが見たくて、今日のアフターゲームショーのオンエアを見ていた。

先日のゲームもついでに放送してくれる、と思って。

で、見ていたんだけど、今日の鹿島対川崎も先月のウチらみたいに中止になってしまったんだねえ。

川崎は勝ってたし納得いかんだろうなあ。

中止→再試合

はスケジュール的にも厳しくなるし嫌だよなあ、と人事ながら。
しかもウチは再試合で負けたから余計になんだかなあ、です。

まあ、でもウチらJ2ビリとビリ2位の戦い。

今日の鹿島対川崎はJ1の1位と2位の戦い。

トップリーグのトップ同士とセカンドリーグのボトム同士、かなりの差があるんだけれど。

なんだか、中止とか聞くと気になる訳で。
サポ達も選手達も気の毒だ。
posted by シーマがらはう at 23:05| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

甲府遠征

PA0_0860.JPG
5月の紫外線はきつい。

腕と顔が日焼けしているようで、ヒリヒリします(笑)。

昨日は去年と同じくGWの甲府遠征。

僕は甲府という土地は昔からドライブとかで行くのが好きでした。

盆地ならでは、で山々が近くて空気が澄んでると綺麗な景色で、山頂に雪が積もってたり、夜だと中央道の下りとか精進湖方面から来ると夜景が凄く綺麗だったり。

学生の頃、金無くて八ヶ岳方面のスキーの帰りに下道で帰ったりした時もほうとう食べに立ち寄ったりしてました。

そんな事があったからか、サッカーで遠征するようになってからも好きな遠征地の一つなんですよね、甲府。

そして、小瀬というと勝てない印象が強いのです(泣)。

以前はゴル裏席は芝生席で僕らもバクスタアウェイ寄りに陣取ってたし、甲府サポもそんなに多くなかった。

カズさんがうちに加入して初めての小瀬は、ちょうどゴル裏席が今の形に改修されて初めての試合で、そのせいか、はたまたカズのせいかわからないけど、ありえないくらいに混んでた。

それから、ヴァンフォーレはJ1に上がってバクスタも少し大きくなって、去年はスタジアムに数多くの甲府サポの姿が。

昨日は凄い数の甲府サポ。

ちょっと隔世の感が。
スタジアムを包む拍手とか。

僕も昔、数がそんなに多くなかった甲府のゴル裏を見てるから、最近の小瀬ってほんとに凄いと思います。

僕らもがんばってああならなくては。

そして試合の方は残念ながら1-2で敗北。

失点はゴール前混戦から押しこまれたのと、藤田(彼には前からよくやられてたんだよなぁ)の技ありゴール。

前半の最後に僕の応援するたろうちゃん投入して、後半も早めの選手交代で盛り返しましたがあと一歩お及ばず…。

悔しいなぁ。

うちの選手は全員応援していますが、僕は今年のメンバーでは長谷川選手を一番応援しています。

そして、小瀬はたろうちゃんにとっても思い入れのある場所どろうから、なんとか点を取らせてあげたかった。

選手紹介の時に甲府サポから拍手があったのはちょっと嬉しかった。「もしかしたらブーイングとかも多少あるのかな」って思ってたから。

甲府の人たちからしたらたろうちゃんは昇格の立役者の一人だもんなぁ、きっと。

小瀬では決められなかったけど、次の俺達の丘三ッ沢でゴール決めて下さい。

あとエル●ラには先発予想になってましたが、虎年同盟の山田キャプテンそろそろ出番ですよね。

頑張って下さい。

さあ、頑張って行こう。
posted by シーマがらはう at 19:23| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

初豊田スタジアム

DSC_1620.JPG
カズさんの応援で来た豊田スタジアムはFIFA開催ならではの華やかさと、凄まじい程の寒さ。

ハーフタイムにコンコースをジョギングして身体を温めたのはここだけの話(笑)。
posted by シーマがらはう at 23:16| Comment(0) | 旅先での観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする